この記事では、LinkedIn に動画を追加する3つの方法をご紹介します。これまでよりも速くシェアする方法も一緒にご紹介します。

すでにご存知かと思いますが、現時点では、通常のユーザーが LinkedIn のプラットフォームや Slideshare サービスに直接動画をアップロードすることは許可されていません。そのため、コンピューターから動画をそのままアップロードするして、投稿、ステータス、プロフィールページなどで動画をシェアすることはできません。

linkedin-upload-error

 

ただし、他のプラットフォームと同様に、動画のURL全体または短縮版を使うことで、LinkedIn 上に YouTube や Vimeo の動画を埋め込むことはできます。動画の埋め込み用コードを使っていた昔とは違い、私たちが知る限りはこれが最も簡単な方法です。

しかし、LinkedIn に動画を追加する前には、YouTube からシェアするために、まずはアップロードすることが必須です。なので、最初にオススメすることは、YouTube への動画のアップロードに関するものです。

まずは、このコツを使って、LinkedIn に追加したい動画をこれまでよりも短い時間で YouTube(または Vimeo)にアップロードしましょう。

YouTube などの動画プラットフォームに動画をアップロードするのは、動画ファイルのサイズやアップロード用リンクの性能によっては、退屈で長い時間が必要になることもあります。さらに、従量制の接続を利用している場合には、アップロードするファイルが大きくなるほど、残りの通信量を多く使用してしまいます。

そのため、私たちがオススメしたいのは、YouTube へアップロードする前に動画ファイルを圧縮することです。動画を圧縮する時にアップロードが不要で、圧縮処理をローカル環境下で行う 動画コンバーター がこの役に立ちます。

当社のWebアプリ Clipchamp は、変換機能と圧縮機能を合わせ持つそのようなアプリです。このアプリで動画を処理することで、動画ファイルのサイズを大きく低下させることができます。ムービーを最近の動画フォーマットに変換するので、元々の大きなファイルをアップロードするよりも、YouTube に送るのが速くなります。

それではここで、LinkedIn に動画を追加する3つの方法をご紹介致します。

1)LinkedIn のステータス更新に動画を追加する方法

動画を YouTube にアップロードしたら、あとはその URL をLinkedIn のステータスにコピー&ペーストするだけです。

YouTube の動画の下にある「共有」ボタンをクリックして、短い URL をコピーしてください。

youtube-share-video

 

次に、その短い URL をステータスに貼り付けます。LinkedIn はそれを認識して、リンクを処理した後に、動画のタイトルや説明、そしてプレビューの静止画像を取得します。LinkedIn は最近、ウェブサイトのデザインを変更したため、ステータスの表示スタイルはこれとは少し違いますが、このように表示されます。

linkedin-embed-clipchamp

 

リンク処理後はこのようになります。

linkedin-add-video

 

さらに速い方法としては、YouTube の共有オプションを使って、YouTube から LinkedIn へ直接動画をシェアすることもできます。LinkedIn アイコンをクリックして、表示されるウィンドウから自分のアカウントにサインインすれば、あとはメッセージを入力して、送信ボタンをクリックするだけです。

youtube-share-linkedin

 

2)LinkedIn Pulse への投稿に動画を埋め込む方法

Pulse は当社 CEO の Alex のように、LinkedIn でブログを書いたり長い記事を投稿したりできるサービスです。Pulse で公開する記事に動画を追加したい場合でも、YouTube・Vimeo・Vine などの動画を同じように簡単に埋め込むことができます。

Pulse で新しい投稿を作成する時にしなければいけないのは、テキストエリアの左にあるアイコンをクリックして、動画オプションを選択して、その動画の URL または短縮リンクを貼り付けるだけです。

linkedin-pulse-embed-video

「挿入」アイコンをクリックした後で、動画オプションを選択します。

linkedin-pulse-embed-video

その後、自分の動画の URL を追加します。

linkedin-pulse-video

 

埋め込まれた動画はこのようになります。

linkedin-pulse-embed-video

 

 

3)LinkedIn のプロフィールページに動画を追加する方法

LinkedIn では、ステータスや投稿と同様にプロフィールページでも、動画ファイルを直接アップロードすることは許可されていません。

しかし、プロフィールに動画を埋め込む裏技があります。それは、Slideshare のプレゼンテーションを作成し、YouTube(またはVimeo)の動画をプレゼンテーションの最初のページに追加して、この Slideshare のプレゼンテーションを Linkedin のプロフィールページに埋め込む方法です。自分たちでこの裏技をすでに試してみた訳ではありませんが、このブログ記事で紹介されていました。

Slideshare に動画を追加する場合でも、その前にYouTube(またはVimeo)に動画をアップロードしなくてはならないことは変わりません。動画のアップロード前に動画を圧縮・変換する方法を上でご紹介しましたが、それはここでも役に立ちます。小さいファイルほど短い時間でアップロードできるので、Slideshare での共有もより簡単に行えます。

 


LinkedIn では、Vimeo など、YouTube 以外の動画プラットフォームにある動画の埋め込みにも対応しています。このような動画を埋め込むプロセスは、YouTube の動画を共有するプロセスと同じ、またはとてもよく似ていて、LinkedIn の投稿やステータスに動画の URL をコピー&ペーストするだけです。

このように、通常ユーザーが LinkedIn に動画を追加する方法は3つあります。今後別の方法が登場するかもしれませんし、LinkedIn が動画の直接アップロードを可能にするかもしれません。その場合には、この投稿もそれに従ってアップロードしていきます。