brand-videos-logo

動画のブランディング

ブランディングは会社について人々が持つイメージに影響します。ブランディングは意識を引き上げ、顧客の間に忠誠心と信頼を構築すべきです。ですがそれはロゴだけではできません。ブランディングは顧客に語り掛ける方法や、デザイン、オファー、視点、コンテンツのトピックなどなどに及びます。このブログでは、Clipchampの新たなロゴ機能を用いて簡単に動画をブランディングする方法と、エース動画コンテンツ戦略を通じて一貫したブランドを作り上げる方法をご紹介します。

1.会社のロゴを使った動画のブランディング

左右いずれかの隅にロゴを入れる事で視聴者が会社の動画をすぐに認識できるようにしましょう。ブランドの認識を最大化するために全ての動画にロゴを入れる事をお勧めします。加えて、当社の新たなロゴ機能を使えばたったの数クリックで簡単に動画をブランディングする事ができます!  この素晴らしい機能を利用するにはビジネスかビジネス・プラチナムのいずれかにアップグレードする必要があります。

サインインしたら新しいプロジェクトを始めましょう。

Create new project

 

エディター内にはサイドパネルのメニューに会社のロゴを追加できるオプションが表示されています。

 

logo-video-upload

 

いったん会社のロゴをアップロードすると以下の事ができるようになります:

  • サイズの変更、
  • 回転および反転、
  • 透過性の設定、
  • 位置の選択、
  • トランジションの利用、
  • 今後の全ての動画制作のための保存。

以下では動画の隅にロゴを入れる方法の例を紹介します:

brand-videos-logo

2.色とフォント

全ての動画で同じ色とフォントを使用しましょう。色がロゴと重複するかもしれないので、黒もしくは白の背景を使いましょう。ロゴがモノクロな場合には背景の色彩を鮮やかにしましょう。ロゴと背景の明暗をハッキリさせるのが大切です。

同じようにタイトルにはブランドを反映した、ロゴを補足するような読みやすフォントを使用し、全ての動画で同じフォントを使用しましょう。

3.声の調子

動画の印象に影響があるので、動画内の声の調子には気を付けましょう。その動画は専門的ですか?カジュアルですか?明るいですか?真剣ですか?統一されたブランドイメージを構築するには、全ての動画や、オーディオ、文章で同じ調子にする事をお勧めします。

4.動画のトピック

視聴者が動画から受け取ってほしいメッセージをよく考え、それがブランドと一致しているか確認しましょう。

________

始める準備は出来ましたか?Clipchamp で動画のブランディングを始めましょう

制作をお楽しみください!