Clipchampは無料のオンライン動画エディターです無料で試す
この投稿を共有
ソーシャルシェアリング

ソーシャルメディアで動画を素早く共有するためのMP4への変換

文章が長すぎて読んでいません

オンラインで動画を共有したいけれど、アップロードに長い時間がかかる事は避けたいし、フォロワーたちには高画質なバージョンを見せたい、そんな場合の最善の方法は元の動画をMP4に変換する事です(動画コーデックはH.264またはVP8で、音声にはACCまたはOgg/Vorbisです)。Clipchampでは、「モバイル用に最適化」または「ウェブ用に最適化」の720pもしくは1080pの出力オプションと「高画質」設定を通じてこういった事を達成できます。


更に長い文章

動画はより包括的なデジタル戦略の一部として利用すれば、リードの生成や、カスタマーのエンゲージメント、ブランドの創出、そしてSEOにおいて効果的なツールです。その結果として、ソーシャルメディアでの動画の共有は、例えば不動産業界などの多くのビジネスのデジタルマーケティング戦略における中心的な方法になっています。

残念ながら、動画ファイルをソーシャルメディアにアップロードする事には手間がかかる場合があります。YouTubeや、Vimeo、または他の動画共有サービスで公開したいクリップの撮影と編集に膨大な時間を既に費やしている場合、最後のステップであるアップロードは素早く行われて欲しいものです。

ですが、以前の記事で述べたように動画のアップロードに影響し得る大きなファイルサイズや他の要素があるために、しばしばアップロードには非常に長い時間がかかります。

YouTube-upload-progress

幸いな事に、この問題にも簡単な解決策があります–ソーシャルメディアにアップロードする前に動画をMP4に変換してファイルサイズを小さくすればいいのです。こうすれば多くの場合で何時間も節約する事ができます。

動画を既にH.264などの新しいコーデックでエンコードしている場合に、更にファイルサイズを圧縮しようとしすると一部の動画では画質が悪化する可能性がある事には注意しましょう。

ですが、殆どの場合は元のバージョンと変換したバージョンの間で気付くレベルの違いを発生させる事なく動画の変換と圧縮を行えるだけの十分な余地があります。

疑いがある場合でも、(例えばClipchampの無料ウェブアプリなどを使って)まずは変換をしてみて、元のバージョンと変換後のバージョンを比較してみる価値があります。以下では著者が昨年の末に撮影した例を見る事ができます。

オリジナル動画(Canon 7Dで撮影)とMP4に変換した動画

これら2つの例の間に画質の違いは無いように見えるはずです。ですが、自分の動画で画質の違いが気になる場合でもそれが軽微なら、ファイルサイズが小さくなった事によってアップロード時間が大きく短縮される利益がの方が間違いなく上回るはずです。

他のユーザーたちが利用しているもう1つのアプローチは、高画質設定で変換しながら解像度を1080pから720pに減らす事です。こうすれば解像度の低下によってファイルサイズが減少しますが画質が高く保たれます。多くの場合、動画共有はフルHDではなくHDでも十分です。

この事は、ソーシャルメディアで共有したいと思っている動画が、一般的に最小のファイルサイズと最高の画質に最適化されていないコーデックを用いて最高の画質や、FPS、ビットレート、および画質で撮影されているスマートフォンやカメラから直接持って来ている場合には特に当てはまります。

また、これはエクスポートされるファイルが気付くレベルの画質の低下を伴わずに素早くオンラインで共有できるように最適化される高品質の撮影機材と専門の編集ツールを使用している場合にも発生します。

元のファイルを将来的に使用するために自分のHDDに残しておきたいかもしれませんが、簡単に共有できるように圧縮したHD MP4のバージョンを作っておく事がお勧めです。

この方法が更に詳細に機能するのは、一般的に使用されている多くの他のコーデックよりも遥かに効率的に動画ファイルをエンコードできるH.264を利用しているからです。これはClipchampなどの動画コンバーターアプリがファイルサイズと画質の間のトレードオフに対処するために利用している幅広い画質プロフィールに基づいています。

mp4-social-media

この記事は2016年11月26日に更新されました。

Clipchamp Createで動画の作成を無料で開始しましょう