光量が不足していると動画フッテージが台無しになる事があります。暗い場所で完璧な動画を撮影する事は、適切なコツとヒントが無ければ身に着ける事が非常に難しいタスクです。一般的に、そういった条件で動画を撮影すると、きめが荒く、彩度やコントラストが低い、ハッキリしない動画になります。

幸な事に、私たちは品質を損なう事なく光量が不足している場所で動画を撮影するための強力な方法を考案しました。この記事では以下の事柄を取り扱います:

  1. 光源の追加を試みる
  2. 暗さを利用する
  3. 最も大きなアパーチャーを使用する
  4. フレームレートを減らす
  5. シャッタースピードを減らす

1.光源の追加を試みる

暗い場所や光量が不足している場所での撮影の際に困っているなら、環境内の光源に対象物を近づけてみましょう。出来るだけ追加の光源の近くに対象物を近づければ、動画の質に大いに役に立つでしょう。

周囲に他の光源が無い場合には、カメラの動画ライトに投資する事が役に立つでしょう。カメラ動画ライトはカメラにマウントする事ができ、撮影しようとしている対象物にまずまずの光量を与える事ができます。

Genaray LED-7100T 312 LED Variable-Colourは動画のキメの粗さを改善し、色の彩度を向上させる事に非常に役立ちます。光量が不足している場所で撮影する際には、一般的にISOを向上させる事を検討しましょう。ISOの向上は対象物に対する実際の光源を伴わずにフッテージの露出を改善策させるので一般的には有効な方法ですが、そのフッテージの印象は平板なものになります。

動画カメラのゲインを向上させると、動画フッテージの影にノイズが追加されます。視聴者にとってはこれは気になるでしょう。追加の光源が利用できる場合はISOの増加を避ける事が最善です。

add-extra-light

その他のオプションには頭上のライトおよびランプの使用や、反射板もしくは鏡の使用、対象物への光源の移動および反射光、または携帯ライトの購入などが含まれます。

Boling 3x 2220P LED動画および写真用連続携帯型照明キットは最も高価な投資かもしれませんが、撮影環境に関わらず最高の照明を提供してくれるでしょう。また、同製品はバッテリー駆動で、電源を必要としないので、お望みの撮影場所へ何処へでも運ぶ事ができます。

add-extra-light

2.暗さを利用する

光量が不足している環境で品質を向上させるための2つ目の秘訣は、周囲の暗さを利用する事です。基本的に、これは撮影している対象物が必ずしも焦点にある必要がないという事を意味しています。

雰囲気が視聴者の興味を維持できるのに十分であれば、対象物はシルエットを通じて見せる事ができます。対象物に追加の光源を与える事は視認性と品質を向上させますが、光量が不足している環境でいつでもこの秘訣を使用しなければならないわけではありません。

背景や対象物の周囲の雰囲気が視聴者にとって視覚的に魅力があるなら、背景や周囲をメイン焦点にして、対象物を暗い場所に置いておく事が最善の場合もあります。背景を露出し、対象物を半分もしくは完全に暗い場所に置いておく事で、視聴者を引き付けるだけでなく、異なる視点やクリエイティブな角度から見せる事もできます。対象人物の顔や、表情、もしくは詳細が見える事は、視聴者の注意度には影響しません。

Clipchamp Createを用いれば、背景を明るくし、対象物を暗くするために、動画の露出や、彩度、色温度、そしてコントラストを変更する事ができます。

utilize-the-darkness

3.最も大きなアパーチャーを使用する

撮影に使用しているカメラに依存して、動画の品質を改善するためにカメラの設定を変更する事ができます。動画カメラでFストップやアイリス設定ができるなら、こういった設定の数値を出来るだけ低くしましょう。Fストップが1.4なら素晴らしいでしょう。Fストップの数値を低くすればアパーチャーがより大きくなります。より大きなアパーチャーを作り出すことによって、カメラに取り込まれる光量が増加し、画像がより明るくなります。

この機能は光量が不足している状況で撮影する際に知っておくと非常に役に立ちます。どんなズームレンズを使用するにせよズームする際には、自分のカメラに一定のアパーチャー変更が備わっているかをチェックしておきましょう。ズームすればするほどアパーチャーがより小さくなるので、動画フッテージがより暗くなります。

カメラのズームレンズを広角にしておく事によって、手動でのズームに比べてより多くの光が取り込まれるようになります。現実的には、暗い環境でレンズを用いてズームする事で、きめの粗い見るに堪えないフッテージを撮影したくないなら、単純に自分が多少物に近づくようにしましょう。カメラのズームの使用を避け、単純に物理的に自分が近づくようにしましょう。

use-biggest-aperture

4.フレームレートを減らす

使っているカメラで可能ならば、秒あたりのフレームレートを変更してみましょう。一般的に、全てのカメラは30フレーム毎秒に設定されていますが、24フレーム毎秒でなら暗い環境でもハッキリした動画を撮影する事ができるでしょう。フレームレートが遅いほどカメラに取り込まれる光量が増加するので、動画フッテージが明るくなります。

シャッターをオフに設定すれば、フレームレートを30分の1秒ではなく、24分の1秒に変更する事ができます。これは幾分光量が減少して見えるかもしれませんが、動画フッテージ内の明るさを大きく向上させます。

カメラの中には24フレーム毎秒以下にフレームレートを下げる事ができるものもあります。シャッターをオフのままにしておけば、12フレーム毎秒や、6フレーム毎秒で撮影できるカメラもあります。ですが、この方法は景色や動きが非常に少ないものを撮影する際にしか使用できません。この方法は動物や人間の動きを撮影する作業には使用できません。

reduce-frame-rate

5.シャッタースピードを減らす

最後にご紹介するテクニックはカメラのシャッタースピードのコントロールです。一般的に、シャッタースピードを低下させればフッテージが自動的に明るくなります。シャッタースピードを低下させると、カメラのシャッターがより長い時間開いている事になるので、カメラに取り込まれる光量が増加します。

光量が不足している動画フッテージは通常のシャッタースピードである60分の1秒ではなく、30分の1秒で撮影しましょう。これはちょっとした変更のように思われますが、実際に大きな違いを生み出します。

こうすればシャッターは元の設定よりも2倍長い時間開いている事になるので、カメラに取り込まれる光量が2倍になります。光量が不足しているフッテージの品質をそれなりのものにするには、できる限り多くの光量が必要です。このテクニックを使用する際には、フッテージ内に動きのブレが生じる可能性が増すという事を理解する事が重要です。

ですが、私たちがシャッタースピードを30分の1秒にして人間の動きを撮影しても何の問題も生じませんでした。この事は、より大きな物体や、より早く動く動物などを撮影する際には当てはまらない可能性があります。

reduce-shutter-speed

これで完璧なフッテージのためのClipchampの5つのコツとヒントを学んので、光量が不足している場所での撮影は困難なタスクではないはずです。カメラの設定を変更し、暗さを活用し、必要なときには光源を追加し、 Clipchampの明るさおよび色彩を編集ツールを利用しましょう。

reduce-shutter-speed

ClipchampのYouTubeチャンネルをチェックして、光量が不足している環境での編集のニーズを補助するためにビギナーのための編集ガイドのYouTubeチュートリアルをご利用ください。アイディアに詰まったら、この素晴らしいYouTube用動画テンプレートから始めてみましょう!また、あなたのインスピレーションを掻き立てるような ブイログ用テンプレートイントロ用テンプレートもあります。 

ご満足いただいている使用者様のレビュー:

happy-customer-review