Clipchamp Create

オンラインで動画をスピードアップまたはスローダウンさせる方法

**** 2020年5月27日更新 ****

動画のスピードを上げたり下げたりする事は、感情や、アイディア、アクションなど多くの要素を伝えられる強力な方法です。

映画MatrixでNeoが弾丸を避けるシーンの事を思い出してみてください。あのシーンではスピードと優雅さを強調するためにスローモーションが利用されていました。もしくは、映画ユージュアル・サスペクツでは、登場人物の精神的なショックを表現するためにコーヒーカップがスローモーションで砕けるシーンが用いられていました:

Blog post image: SociableDeafeningJunco-size_restricted.gif

ファストモーションも同じように多才で、映画リミットレスでの超人的な知性から三ばか大将の馬鹿馬鹿しいコメディまで何でも伝える事ができます。

Blog post image: 8b0602853265eb76107f475ef713e478.gif

そして、ドニー・ダーコでのシンプルなスクールバスから教室までの素晴らしいシーンもあります。このシーンでは、スローモーションとファストモーションを滑らかに融合させる事によって、ワンカットで登場人物たちの世界と人間関係が理解できるようになっています。

それでは、どうすれば高価な機材やソフトウェアを用いる事なく動画のスピードを上げたり下げたりできるでしょう?そこでClipchamp Createを登場です!

Clipchampを用いた動画の再生スピードの変更

当社の無料オンライン動画エディターでは、動画スニペットにスローモーションを追加したりスピードアップさせたりできる機能を指先一つで操作できる様々な編集テクニックが詰め込まれています。Createには強力な機能が搭載されていますが非常に使い易く、動画編集の経験も一切必要ありません。

また、サーバーにメディアファイルをアップロードする事なく全てブラウザ内で機能するので、時間のかかるアップロードを待つ必要なくオンラインで素早く動画を編集する事ができます。

Clipchampを用いて動画のスピードを上げたり下げたりするために必要な事は、イーメールやソーシャルメディアのアカウントを使って無料でサインアップしてから、以下のステップ従う事だけです。

ステップ1.新しい編集プロジェクトの開始

登録が完了したら、概要ページにある「動画を作成」をクリックして開始してください:

Step 2. Create a new project

あなたの動画に最も適したアスペクト比を選択してください。例えば、Instagramの動画なら1:1で、殆どのYouTubeの動画には16:9が適しています。

ステップ2.動画ファイルの追加

プロジェクトを開始したら、次のステップはメディアアセットを追加する事です。動画や、画像、音声のファイルはご利用のコンピューターから直接的にインポートする事ができます。「メディアの追加」ボタンをクリックするだけです:

また、100,000を超えるプロフェショナルな動画と音声のファイルを揃えたClipchampの幅広いストックライブラリを利用する事もできます。

ステップ3.クリップのスピードアップまたはスローダウン

修正したい動画ファイルを追加したら、そのファイルを以下のようにタイムラインにドラッグしてください:

その後、このファイルをクリックしてハイライトすると、編集オプションを伴うウィンドウが表示されます。変換のタブの下には、「クリップスピード」のオプションがあります–そこからドロップダウンメニューを使ってファストモーションまたはスローモーションを選択してください。

動画のスピードは2倍、4倍、8倍、または16倍に加速させる事ができます:

もしくは2分1、4分の1、または10分の1に減速させる事ができます:

ステップ4.更に正確な変更方法

もちろん、動画を使って更にクリエイティブな事をしたいと思っているかもしれません–重要な瞬間にスローモーションにたり、通常のスピードと、スローモーション、そして高速のシーンを組み合わせたりしたいかもしれません。ここではそいった事をする方法をご紹介します–この例では、動画の一部をスローモーションにしながら、他の部分のスピードは通常通りにします。 

まず、動画のスピードを上げたり下げたりしたい場所を決める必要があります。例えば、BMXジャンプのクリップでは、「主人公」がジャンプを決める動画の最初の部分をスローモーションにしますが、着地してからは通常のスピードのままにします。

そういったスピード変更をするには、以下のように「スプリット」ツールを使う必要があります:

必要な事は、以下のように適切な場所にスクラバーをドラッグし、ハサミのアイコンをクリックして動画を2つに分割したら、クリップの前半を選択してスピードを減少させるだけです:

そして、こちらがClipchampを使って数回クリックするだけで完成させた動画です:

クリップの他のスニペットのスピードを選択的に上げたり下げたりしたい場合でも、上記のステップを同じように繰り返すだけです。

編集が完了したら、Createの画面の右上にある「エクスポート」をクリックし、追加した効果と調整が全て含まれた新しい動画をダウンロードしましょう:

export the finished video

以上がオンラインで動画に再生スピード効果を追加するための簡単な方法です:-)

ボーナスヒント:動画プロジェクトのためのアイディアや、インスピレーション、または優れたコンテンツを探しているなら、Createの幅広いテーマ付きテンプレートを利用する事ができます。例えば、こちらはスローモーションを戦略的に利用した電子商取引のウィンターセールのテンプレートです。

Clipchamp Createで動画の作成を無料で開始しましょう