様々なソーシャルメディアのプラットホームでの広告の事を考えるときWeChatは最初に浮かぶ候補ではないかもしれませんが…この中国の多目的メッセージングと、ソーシャルメディア、そしてモバイル支払いのアプリは見逃すべきでも過小評価するべきでもありません。一見すると、WeChatはメッセージングアプリのWhatsAppにかなり似ていますが、このアプリには遥かにそれ以上のものがあります。 

2018年には毎月のアクティブユーザーが10億人を超え、世界最大のスタンドアローンのモバイルアプリとなったWeChatはForbesによって最も強力なアプリと称されており、中国の「全てのためのアプリ」や「スーパーアプリ」としても知られています。以前は、WeChatは単純にメッセージを送信するためだけに利用されていましたが、現在では日々のデジタルライフ形成するに至っています。人々は1つのアプリで食品を注文したり、地下鉄に乗ったり、送金したり、請求書を送ったり、チケットを買ったり、タクシーを呼んだりできます。 

WeChatは強力なビジネスと、コミュニケーション、そしてソーシャルツールとして時代に遅れることなく進歩を続け、クリエイターが価値を提供する事を助けています。この記事では以下の事柄を取り扱います:

  • 中国国内にWeChatの競合他社が少ない事
  • WeChatはビジネスフレンドリーなのか?
  • WeChatの短い動画の共有-「タイムカプセル」
  • WeChatのモーメント広告

1.中国国内にWeChatの競合他社が少ない事 

Facebookや、Google、Twitter、YouTubeなどの潜在的な競合他社および他の多くの中国以外のサイトが中国では利用できない事から、WeChatは中国人ユーザーという観点からは間違いなく優位に立っています。アプリとソーシャルメディアの競争相手が少なく、このアプリに毎日ログインしているアクティブユーザーが9億200万人いる事から、どんな企業にとってもWeChatで広告をする事は重要な戦略です。こういった理由からWeChatは価値あるマーケティングツールだと言えます。企業がこのツールを効果的に利用するには、共感できてユーザーフレンドリーなコンテンツを作成する必要があります。 

2.WeChatはビジネスフレンドリーなのか?

WeChatには内部に1000万のサードパーティーのアプリが含まれている事から、一般的な西側諸国のメッセージングアプリとは異なります。驚きですよね?ほぼ全ての企業や組織がWeChat内でアプリを作成する事ができ、これは「公式アカウント」と呼ばれており、ボイスメッセージや、ダイレクトメッセージ、支払い、そして位置情報などの機能のためのAPIへアクセスする事ができます。このコンセプトは最近になって極めて人気を博すようになっており、スタートアップですら独自のアプリを作成する前に、まずWeChatを通じてアプリをテストしています。 

一般的に様々なフォロワーが視聴してくれるようにページやコンテンツをプロモーションする事がほぼ有料であるFacebookとは違って、WeChatは企業がプロモーションのための公式アカウントを作成する上では費用がかかりません。企業がWeChatのアプリ内で公式アカウントにサインアップすると、そのアカウントは基本的に個々のページを持った小規模なウェブサイトのようなものになります。 

このフォーマットを通じて企業は登録しているアカウントに対して日々のアップデートや、ブログ記事、動画、インフォグラフィック、そして画像などを投稿する事ができます。また、10万人以上のフォロワーがいる企業には広告を購入して自分のアカウントや、サービス、そして製品をプロモーションするオプションが与えられます。  

3.WeChatの短い動画の共有-「タイムカプセル」

WeChatは最近、アプリ内に更にプライベートな独立したプラットホームである「タイムカプセル」という新たな短い動画の共有機能を立ち上げました。ソーシャルアプリでは友人や、同僚、コミュニティー、リーダー、ビジネスパートナー、そして親戚などの全てが個々のプロフィールを閲覧できるためにプレッシャーの大きい事から、もっとプライベートな機能を求めている人々もいます。 

Snapchatや、Facebook、そしてInstagramと似たように24時間しか掲載されない短い動画を共有する事ができます。ビジネスマーケティングという観点からは、ブランドは製品をプロモーションし、知名度を構築し、そしてタイムカプセルを投稿するために短い動画を作成する事ができます。 

WeChatのストーリーとは、フィードの最上部に表示されるフルスクリーンの垂直の動画です。広告をユーザーのストーリーの間に表示させる事ができます。

WeChatのストーリー動画のベストプラクティス

  • 動画のファイルサイズ:最大4GB
  • 動画の長さ:1秒から15秒(ユーザーは広告をスキップ/省略できます)
  • 動画の字幕:利用不可
  • 動画の音声:任意

WeChatのストーリー動画のフォーマット

  • Clipchampで推奨されるエクスポートのサイズ:解像度は1080p
  • WeChatは最小で縦横500pを推奨しています。
  • 推奨される動画のフォーマット:MP4、MOV (Clipchampは常にMP4でエクスポートしますが、Clipchamp Video Converterで互換性の無い動画を変換する事ができます)。

WeChatのストーリー動画の寸法

  • 容認されるアスペクト比は16:9(ワイドスクリーン)、1:1(正方形)、4:5(垂直)、2:3(垂直)、もしくは9:16(完全ポートレート)です。
  • Clipchampで推奨される比率:9:16(完全ポートレート)。注意、9:16以下の動画には上下に色付きのグラデーションのバーが表示されます。「テキスト」領域のコンテンツは動画の下部に配置されます。
  • テキストやロゴなどの重要な要素がプロフィールアイコンやコール・トゥ・アクションで覆い隠される事を避けるために、動画の上下の約14%(250ピクセル)をテキストやロゴがない状態にしておく事を考慮しましょう。これは動画が1080×1920の場合には、タイトル以外の1080×1420の領域に重要な要素が表示されるようにしておくという意味です。

この赤ちゃんの性別お披露目動画のテンプレートを編集

wechat-ultimate-guide

4.WeChatのモーメント広告 

WeChatのアプリではブランドがコミュニティーの新しいフィードに広告を載せる事ができるので、WeChatのモーメント広告はFacebookのものとほぼ同じ広告手法だと言えます。この広告手法では画像や、テキスト、もしくは動画といったスタイルを選択できますが、企業は最も人気の広告アプローチである動画を選択しています。この事によって、広告主は質の高いユーザーデータを共有する機会を持つ事ができ、マーケターは年齢や、場所、性別、業界など情報に基づいてターゲット層を定義する事ができます。 

動画モーメント広告内の殆どの要素はWeChatの通常のテキスト広告と同じで、唯一の違いが動画の要素です。企業はフィード上に6秒から15秒の動画のプレビューを投稿する事ができ、ユーザーがその動画広告をクリックすると、最大で5分のキャンペーン用のページの動画をフルスクリーンで再生する事ができます。 

WeChatのストーリー動画のベストプラクティス

  • 動画のファイルサイズ:最大4GB
  • 動画の長さ:6秒から15秒のプレビュー、もしくは5分間のフル動画(ユーザーは広告を閉じる事ができます)
  • 動画の字幕:利用可能
  • 動画の音声:任意

WeChatのストーリー動画のフォーマット

  • Clipchampで推奨されるエクスポートのサイズ:解像度は1080p
  • WeChatは最小で縦横500pを推奨しています。
  • 推奨される動画のフォーマット:MP4、MOV (Clipchampは常にMP4でエクスポートしますが、Clipchamp Video Converterで互換性の無い動画を変換する事ができます)。

WeChatのストーリー動画の寸法

  • 容認されるアスペクト比は16:9(ワイドスクリーン)、1:1(正方形)、4:5(垂直)、2:3(垂直)、もしくは9:16(完全ポートレート)です。
  • Clipchampで推奨される比率:9:16(完全ポートレート)。注意、9:16以下の動画には上下に色付きのグラデーションのバーが表示されます。「テキスト」領域のコンテンツは動画の下部に配置されます。
  • テキストやロゴなどの重要な要素がプロフィールアイコンやコール・トゥ・アクションで覆い隠される事を避けるために、動画の上下の約14%(250ピクセル)をテキストやロゴがない状態にしておく事を考慮しましょう。これは動画が1080×1920の場合には、タイトル以外の1080×1420の領域に重要な要素が表示されるようにしておくという意味です。

このアーバンセールのストーリーのテンプレートを編集

wechat-ultimate-guide

(agencychina.com)