動画圧縮

WhatsAppのための動画の圧縮方法

人々は卒業式や、初めてのサッカーの試合、そして昨日の夕食などの個人的な動画を共有するのが好きです。WhatsAppはコミュニケーションとメディアファイルの共有のための人気のプラットホームです。180ヶ国以上から10億人以上によって利用されており、動画メッセージは益々人気になっています。ですが、16MBという制限があるWhatsAppを通じて大きな動画ファイルを送信するにはどうしたらいいでしょう?Clipchampの動画コンプレッサーを利用すればいいのです。ここではClipchampを使ってWhatsAppのために動画を圧縮する方法をご紹介します。 

こちらがWhatsAppのためにClipchampの動画コンプレッサーを利用すべき理由です:

  • このClipchampの動画コンプレッサーならWhatsAppに完璧な互換性を持つMP4に動画を変換する事ができます。 

  • 元の画質を損なう事なくモバイルで送信できるサイズに動画ファイルを圧縮できます。

  • Clipchampの動画コンプレッサーには基本的な編集ツールが付属しているので、動画を送信する前にトリミングや、クロップ、反転、色調/明るさの調整をする事ができます。

  • 無制限プランでなら、ものの数分で好きなだけ動画を圧縮する事ができます。無料バージョンでは圧縮できる動画の数は限られていますが、利用回数は毎月更新され、隅に小さなウォーターマークが付きます。 

統計では1日当たりWhatsAppを通じて動画メッセージを送信する人数は10億人を超えている事が示されています。WhatsAppのために動画ファイルの圧縮を始めましょうか?こちらではClipchampを用いてWhatsApp用に動画を圧縮する方法に関する段階的なガイドをご紹介します。 

1.Clipchamp.comにアクセスしてください

ブラウザを開き、Clipchamp.comにアクセスしたらGoogleや、Facebook、もしくはイーメールおよびパスワードでログインしてください。

Blog post image: Whatsapp-step-1.png

2.圧縮したいファイルを選択してください

WhatsApp用に圧縮したい動画ファイルをボックスの中にドラッグ&ドロップするか、ボックスをクリックして選択してください。 

Blog post image: Whatsapp-step-2.png

3.圧縮の設定を選択しましょう 

設定の選択がまだ済んでいない場合は、フォーマットをMP4に変換しておけばWhatsAppで最も良く再生されます。解像度は維持するか、720pもしくは360pに変更しておけば送信時間が最短になります。画質は中もしくは低にしておきましょう(ヒント:元の動画よりも解像度を上げるとファイルサイズが大きくなってしまうので止めておきましょう)。 

Blog post image: Whatsapp-step-3.png

4.動画の見た目を編集しましょう 

基本的な編集ツールを使って見た目を修正する事ができます。トリミングや、クロップ、反転、そして明るさもしくは色調の調整のためのツールを利用できます。また、既に動画の見た目に満足している場合にはこのステップをスキップしても構いません。更に高度な編集ツール用いてもっと編集したい場合は、更に優れた詳細な動画エディターであるClipchamp Createをご利用ください。このツールならトランジションやテキストを追加したり、更に高度な色調の変更をしたりできます。他の動画から自分の動画を際立たせる方法が分かりませんか?当社の無料で利用できる動画テンプレートをご覧ください。  

Blog post image: Whatsapp-step-4.png

5.動画を公開しましょう 

動画に満足出来たらシンプルに「開始」をクリックしてください。待機中に「アップロード&共有」のボタンをクリックしておけばソーシャルメディアやGoogle Driveにアップロードする事ができます。数分お待ちいただいた後に「保存」をクリックすればコンピューターに保存できる準備が整います。 

Blog post image: Whatsapp-step-5.png

Clipchampの動画コンプレッサーは無料で高速かつ簡単に動画ファイルを圧縮できるツールです。今すぐオンラインで動画の圧縮を始めましょう。

Clipchamp Createで動画の作成を無料で開始しましょう