Video Compression

Outlookのイーメールに動画を埋め込む方法

最終更新:2019年10月14日

既にご存知かもしれませんが、MicrosoftのOutlookは(2007, 2010, 2013、それ以降のバージョンを含め)イーメールへの動画の埋め込みをサポートしていません。

多くの他のプロバイダーと同様に、Microsoftは動画ファイル内に発見されるウィルスやマルウェアの数が増加している事を理由に、イーメール内での動画のサポートを継続しないという判断をしました。ですが、 動画は強力なデジタルツールなので、マーケティング用のイーメールに動画を含める事は素晴らしいアイディアです。

幸いなことに、Outlook Liveに動画を埋め込む方法があり、デスクトップ用のアプリでもシンプルな方法がいくつかあります。この記事では以下の事柄が取り扱われます:

  1. Outlook Liveのイーメールへの動画の埋め込み

  2. 画像にリンクする事を通じたOutlookのイーメールへの動画の埋め込み

  3. 添付ファイルとして挿入する事を通じたOutlookのイーメールへの動画の追加

  4. HTML5を用いたOutlookのイーメールへの動画の埋め込み

1.Outlook Liveのイーメールへの動画の埋め込み

デスクトップアプリではなくオンラインバージョンのOutlookを利用している場合は、イーメールへの埋め込みは非常に簡単です:

ステップ 1:まずは、YouTubeにアクセスし、共有したい動画へのリンクをコピーします。その動画が自分で作成したものなら、YouTube用に最適化してアップロードする必要があります。

ステップ 2:次に、新しいメッセージを作成し、イーメールの本文にリンクをペーストします。リンクの下に動画のプレビューが表示されるはずです。

Video preview on Outlook Live

ステップ 3:そういしたらリンクを削除して、メッセージを書き込む事ができます-プレビューは残ります:

Delete video URL

ステップ 4:イーメールが送信されると、受信者はリンクをクリックする事によって新しいウィンドウを開くことなく動画を見る事ができます。

Watch video on Outlook

Outlookのスマホアプリの場合は、動画はYouTubeのアプリで開きます。

2.画像にリンクする事を通じたOutlookのイーメールへの動画の埋め込み

Outlookのデスクトップアプリを使用しているなら、YouTubeリンクの貼り付けでは上手くいきません。ですが、この記事で紹介されているように、以下のような方法でYouTube動画をOutlookのイーメールに埋め込む事ができます。

ステップ 1:動画のスクリーンショットを撮影し、イーメールの本文にそれを埋め込みます。

ステップ 2:そのスクリーンショットをYouTubeでホストされている動画にリンクします(動画をYouTubeに素早く掲載する方法は下記を参照)。

ステップ 3:視聴者がその画像をクリックすると、新しいブラウザのウィンドウが開いて動画を見る事ができるようになります。

Link to a picture

Photoshopや類似のプラグラムを使って画像の中央部に再生ボタンを追加して、クリックして動画を視聴する感覚を増す事ができます。

Outlookの場合は他のサイトよりもYouTubeに掲載された動画の方が自動的に表示される可能性が高いので、当社ではYouTubeを利用する事をお勧めしています。

また、自分のイーメール画像を持つ相手の場合、ALT画像属性は無効になるため、コール・トゥー・アクションも利用したほうが良いでしょう。

3.添付ファイルとして挿入する事を通じたOutlookのイーメールへの動画の追加

また、Outlookのイーメールには添付ファイルとして動画を追加する事もできます。そうする場合、イーメールの添付ファイルではファイルサイズが大きすぎて、Outlookの最大添付ファイルサイズ制限(20MB)に引っかかる可能性があります。

多くの動画ファイルで利用できるこの制限の回避方法は、イーメールに追加する前に圧縮するという方法です。圧縮すれば動画のファイルサイズを20MB未満にできます。

Clipchampの無料オンライン動画コンプレッサーとオンライン動画コンバーターを利用すれば、動画ファイルをMP4に変換し、Outlookのイーメールに添付できるようになります。

Attach video to email

ブラウザでアプリにログインし-無料アカウントを作れば、1ヵ月あたり5本までなら動画を無料で処理できます-シンプルに元動画を選択し、その後、画面上でモバイル用に最適化、MP4、中画質もしくは低画質、および240p、360p、もしくは480pを選択すれば、イーメールの添付ファイルとして十分なサイズに圧縮してファイルを最適化できます。

Optimize for mobile on Clipchamp

処理が完了すると、Clipchampの「保存&共有」画面に処理後のファイルのサイズが表示されます。処理後の動画のファイルサイズがまだ大きすぎる場合は、そのファイルを保存せずに「別のファイルの圧縮」をクリックし、異なる圧縮設定でもう1度試してみましょう。

処理後のファイルサイズが十分小さくなっていれば、コンピューターに保存して、その後、他の添付ファイルと同じようにイーメールに添付しましょう。こうすればイーメールの受信者が動画を開いて、すぐに視聴する事ができます。

Successful compression

Clipchampの無料オンラインMP4コンバーターを利用すれば、あなたの動画はあらゆる最近のコンピューターや、タブレット、そしてスマートフォンで再生できるようになります。

注意事項としては、ある種の動画は、特に解像度やフレームレートが高く、再生時間の長いものは、20MB未満にするには大きすぎる可能性があるという事です。

こういった動画をイーメールに添付する際は、YouTubeにアップロードし、上記の1番目の方法で説明したように、イーメールにリンクを記載する方法をお勧めします。ですが、この方法で動画を追加する場合でも、圧縮してファイルサイズを小さくしておけばYouTubeへのアップロードが遥かに速くなります。

4.HTML5を用いたOutlookのイーメールへの動画の埋め込み

HEML5の事を熟知しているなら、選んだプレビュー画像と共に動画を埋め込む事ができるコードをイーメルに追加する事ができます。

コードに目を通し、現在のタイトルと、動画、そして画像を自分のものと差し替えましょう。例えば、以下のような一連のタグで、自分のイーメールの内容に合うようにタイトルタグの間のテキストを更新しましょう。

利用する機器やイーメールサーバーに応じて、必要になる正確なコードは少々異なります。また、受信者側のイーメールサーバーもしくは機器がHEML5の埋め込みを許可していない場合にはフォールバックコードもあります。何らかの問題がある場合は、詳細をこの記事でチェックしてみてください。

More from the Clipchamp blog

Start creating video with Clipchamp Create for free.