ビギナーにとって適切なビデオカメラを選択する事は圧倒されるようなプロセスかもしれません。市場には数千もの異なるタイプのカメラがあります。自分にとって最も適したカメラがどれなのかはどうやったら分かるでしょう?どのカメラを買うべきかを判断するには、切りがないほどリサーチをして、何時間ものレビューを読み、数えきれないほど動画を見比べなければなりません。幸いな事に、私たちがビギナーにとって最高のビデオカメラのリストを作成しました。この記事では以下の事柄を取り扱います:

  1. 様々なタイプのビデオカメラ
    1. スマートフォン
    2. DSLR
    3. ミラーレス
    4. オートフォーカス
    5. デジタル・カムコーダー
  2. 予算はいくらか?
  3. 使用目的の決定
  4. 全体の費用に周辺機器を追加
  5. 動画を次のレベルへ 

1.様々なタイプのビデオカメラ

どんなタイプのカメラを買うべきでしょう?どれが自分に最も合っているでしょう?本当にカメラが必要なのでしょうか?ビギナーにとって最高のビデオカメラは一人一人異なるでしょう。ビデオカメラは全てサイズや、形状、色、個性、そして用途が異なっています。「自分にとって最高のカメラはどれか?」という単純ではない問題には、この記事を読み終えてから答えるべきでしょう。 

A) スマートフォン

一般的に、人々は高品質の動画を作成するためには最新のDSLRを買わなければならないとすぐに考えてしまいます…ですが、あなたにとって最高のカメラはもうすでに持っている物かもしれません!今やSamsungやiPhoneは優れた高品質の4K内蔵ビデオカメラを備えており、これはどんな経験レベルでも高画質の動画や、ブイログ、そして映像作品制作のために使用する事ができます。消費者が自分たちのスマートフォンを最大限に活用できている可能性は低いでしょう。 

可能な限り最高の動画を作成するには、消費者は動画の撮影時に三脚と露出固定機能を使用するべきです。また、ズーム機能も避けるべきでしょう。また、モバイルアプリではなくコンピューターで編集する事や、内蔵マイクを対象物に近づける事も重要です。

types-video-cameras

B) DSLR

DSLRはダントツで最も一般的に選択されているカメラですDSLRは交換可能レンズや、光学ファインダー、広範な価格帯およびモデル、プロ並みの画質、汎用性を備えており、そして様々なタイプの環境に適しています。特徴的な設計によって光がレンズを通過する事ができます。また、内蔵の画像センサーへ動画を送信する機構として組み合わせるための鏡もあります。

DSLRでは、より高い品質と更に効率的なテクノロジーがカメラに備わっています。私たちはビギナーにとって最高のDSLRのビデオカメラとしてNikon D3500 DSLRをお勧めします。

types-video-cameras

C) ミラーレス

ミラーレスのビデオカメラはDSLRよりも小さく遥かに軽量です。また、ミラーレスは光学ファインダーやミラーが無く、高度なセンサーがセンセーショナルな画質の動画を捉える事ができます。ミラーレスのカメラはオートフォーカスシステムと交換可能レンズを備えており、サイズも小型です。DSLRよりも少々高額ですが、それでも動画作成者には非常に人気のある選択肢です。

高速で移動する物体を撮影したい場合には、ミラーレスのカメラがお勧めです。現在の市場では、オートフォーカス機能は全てのカメラに備わっています。Sony Alpha A6000はビギナー向けのミラーレスのカメラとして最高にお勧めできる製品です。

types-video-cameras

D) オートフォーカス

オートフォーカスは非常にシンプルなカメラです。一般的に画像を撮影するために使用されますが、素晴らしい動画撮影能力も備えています。高級で、より技術を要するDSLRやミラーレスのカメラではなく、安価で携帯性の高いビデオカメラを探しているなら、オートフォーカスはビギナーに適した選択肢です。こういった場合は、Panasonic Lumix LX10はビギナー向けのオートフォーカスカメラとして非常に安価な選択肢です。

E) デジタル・カムコーダー

多くの人々は従来のレトロで巨大なビデオカメラを目にした事があるはずです。こういったカメラはこれまで述べてきたような他のカメラと比較すれば画質の面で最高ではありませんが、ビデオカメラを選択する際には無視すべきではありません。

カムコーダーには遥かに安価で、柔軟性があり、ユーザーフレンドリーだという魅力があります。カムコーダーは側面に手持ち用のストラップが付いているので旅行者には適しています。デジタル・カムコーダーが撮影スタイルに合っていて、特にビギナーならCanon VIXIA HF R700は素晴らしい選択肢でしょう。

types-video-cameras

2.予算はいくらか?

使ってもよい金額は間違いなく判断を左右するでしょう。これまで述べてきた各々のカテゴリーにはそれぞれの価格帯があります。500ドル以下を望むなら、市場でDSLRやミラーレスを見つけるのは非常に大変でしょう。

ですが、安価で動画作成のニーズに合ったカムコーダーやオートフォーカスが存在するでしょう。払ってもいい金額を増やせばカメラの選択肢も広がります。ビデオカメラは長期的な投資として考える事ができますが、「ビギナー」としての段階を卒業したら当然のごとく知識を広げるために更に複雑なカメラが欲しくなるでしょう。

もし予算が不足している場合の代替案としては、スマートフォンが最善の選択肢でしょう。YouTubeやソーシャルメディアで動画やブイログを公開したいけれど、高品質のカメラに多額の投資はしたくないというビギナーは、自分のスマートフォンを無視するべきではありません。最新のスマートフォンはプロフェッショナルなカメラに匹敵する事があります。Clipchampのブラウザ内蔵動画エディターなど、現在利用可能な高品質の動画編集ツールがあれば、スマートフォンユーザーでも簡単に既存の動画の品質を向上させる事ができます。

what-your-budget

3.使用目的の決定

カメラの使用目的を選ぶという事に関しては、数えきれないほどの可能性があります。スキットや、ショートムービー、映画、ブイログ、インタビュー、家族動画、活動、旅行などの全てが作成できます。撮影したい動画のスタイルを1つだけ選択しようとする事は非常に広範な作業感じられるかもしれませんが、いずれにせよ殆どのカメラには適した使用方法が2つ以上あります。ビデオカメラの使用目的が正確に決まっていなくても心配はいりません。殆どのビデオカメラは非常に汎用性があるので、水中や、環境条件、および極端な光量などを除けば何でも撮影する事ができます。これまでに述べた各々のカメラにはそれぞれユニークな特徴があり、それぞれ適した特定の撮影スタイルがあります。

ですが、購入の際に念頭にあるカメラの機能が必ず備わっていなければならないというわけではありません。どんなカメラでも撮影する事ができるので、成功したいというクリエイティブな情熱があれば優れた数多くの可能性を提供してくれるでしょう。これはビギナー向けの最初のカメラであって、高度な機能は必要ではない可能性が高いという事を忘れないようにしましょう。これは純粋に個人的な好みの問題です。

4.全体の費用に周辺機器を追加

購入すべきビデオカメラを決定する際は、一緒に購入する必要がある周辺機器も忘れないようにする事が大切です。三脚や、カメラストラップ、バッグ、ケース、ソフトウェア、レンズ、外部マイク、そして照明器具などは購入する必要がある多くの周辺機器の内のいくつかでしかありません。周辺機器も予算に含めておく事が重要です。

gear-overall-cost

5.動画を次のレベルへ

これでカメラの選択に関する事が分かったと思うので、高品質のコンテンツを作成するという次のステップへと歩を進める準備ができました。Clipchampは可能な限り最速で最も容易な方法で最高の動画を作成するためにブラウザ内で使用できる動画編集ソフトウェアを通じてお手伝いができます。どんなスタイルの動画でもすぐに使えるテンプレートを提供しており、全てがフレキシブルな動画エディターに含まれているので、すべてのテンプレートを自分の物にする事ができ、ストックミュージックや効果からトランジション、フィルターなどなどの全てがClipchamp Createでカバーされています。

私たちはClipchamp Createで動画をカットする方法Clipchamp Createで音声トラックをカットする方法など、あなたを更にお手伝いするためのYouTubeのチュートリアルも提供しているので、あなたの編集ニーズのためにClipchampを活用する事は非常にお勧めです。こちらでClipchampのYouTube動画のテンプレートをご覧ください:10個のファクト動画および通学バスの相乗りシネマグラフ動画

ご満足いただいている使用者様のレビュー:

video-next-level