音声変換ジェネレータ

動画に音声を。当社の無料オンライン音声変換ジェネレータでは、人工知能テクノロジーを利用して入力した単語を音声に変換することができます。

新たなタイプの語り手

ボイスオーバーは、ドキュメンタリーから広告まで、多くのプロフェッショナル動画にとって欠かせない存在ですが、個人で行う場合は予算やボーカルが必要です。そこで、当社の音声変換ジェネレータの出番です。数秒でテキストを音声に変換し、あなたの物語をいきいきと語ります。

170種類のリアルな音声

リアルなサウンドを追求し、当社チームが厳選した170種類のユニークな声からお選びください。AIボイスの種類は、女性的、男性的、中性的なトーンのほか、さまざまな年齢、アクセントをご用意。そのため、希望に合わせてストーリーを伝えることができます。

多様かつリアルなナレーション

70カ国の言語をサポート

動画はグローバルなコミュニケーションツールのため、ほぼすべての言語でテキストを音声変換できるようにしました。さまざまな声と言語を組み合わせて、お好みの音声を作成しましょう。

ペースをつかむ

速度コントロールを使ってボイスオーバーをカスタマイズできます。制限時間内に収めたい場合や速度を落としたい場合でも、動画に適した速度を見つけることができます。音声を選択して音声速度スライダーを調整するだけで速度のコントロールができます。

AIボイスオーバーを超えて

音声変換ジェネレータの使用方法

1

サイドバーで「音声変換」を検索します。

2

声、言語、速度を選択し、テキストを入力してプレビューを生成します。

3

必要に応じて変更してから「メディアへ保存」を選択します。

4

タイムラインに音声変換ファイルをドラッグ&ドロップして動画に追加します。

A mouse hovers above the text to speech tool in Clipchamp's video editor.
A mouse hovers over the preview button of the text to speech feature. A language, voice, and speaking speed are chosen and text is entered.
A mouse hovers over the save to media button of the text to speech feature. A language, voice, and speaking speed are chosen and text is entered.
Clipchamp動画エディターで、音声変換ファイルをマウスでタイムラインにドラッグ&ドロップします。
Purple AI voice over icon

革新的なAIテクノロジー

本物の人間の声が登場し、機械的な自動音声がの時代は終わりました。当社はユニークで個性に満ちたボイスオーバーを動画に提供するために最高のAIテクノロジーを利用しています。

ピンクのオーディオ編集アイコン

プロフェッショナルなオーディオ編集

音声変換した声を音楽や効果音と重ねることで、豊かなサウンドスケープを作成できます。当社のエディターは、オーディオの音量と速度を思い通りに制御できるため、聞こえる音楽のバランスを決めることができます。

Blue text icon

テキストとタイトルを追加する

テキストを追加すれば、誰でも動画の対話を楽しむことができます。もし音声変換が聞こえない場合、当社のエディターで数回クリックすれば、さまざまなフォントで簡単なキャプション魅力的なモーションタイトルを追加できます。

音声変換に関するサポートが必要ですか?

音声変換ジェネレータを最大限に活用するお手伝いをします。テキストを音声に変換する方法に関する簡単なステップごとのチュートリアルについては、当社のブログをご覧ください。また、動画に最適なボイスオーバーナレーションの制作方法について、インサイダーヒントも紹介します。あっという間に、ナレーション付きの優れた広告、ドキュメンタリーなどが作成できます。

Need help with AI voiceovers?

よくある質問

  • はい。

    発音の問題は意図的に綴りを変えたり発音に従って綴る事によって簡単に修正する事ができます。多少の試行錯誤が必要かもしれませんが、最終的に上手くいくはずです。

    数字が思ったように発音されない場合は、全て書き出してみてください。例えば、「1984」なら「ナインティーンエイティーフォー」と入力してみてください。

  • はい。

    句読点を使用すると、音声変換の話し方にささやかながらもインパクトのある変化をつけることができます。以下で詳しく説明します。

    • 句点(。)テキストで句点を打つと、音声変換では次の文が始まる前にわずかな休止が入ります。

    • 読点(、)テキストで読点を打つと、音声変換では文の途中に短い休止が入ります。

    • 省略記号(…)テキストで省略記号(...)を使用すると、音声変換では長めの休止が入ります。省略記号を多く使えば、その分テキスト読み上げ中の休止時間が長くなります。

    • 疑問符(?)文の最後に疑問符をつけると、イントネーションが変わり、文の最後の音節で音程が上がります。

    感嘆符や、すべて大文字の場合はどうなりますか?

    現時点で、感嘆符(!)や大文字での入力が音声変換の話し方に影響する可能性はほぼありません。

あのサウンドが気に入りましたか?

Clipchampに登録して始めましょう。

It looks like your preferred language is English