動画圧縮

Macのための動画の圧縮方法

動画の圧縮は容量を節約するためだけでなく、他者との共有を簡単にする上でも優れた方法です。動画ファイルは元来サイズが大きく、数個の動画ファイルでもMacの容量を大きく圧迫する事があります。「容量減少」の通知にウンザリしているなら、Mac用のClipchampの動画コンプレッサーを利用してみましょう。無料でサインアップすれば動画を圧縮する事ができます。

ClipchampのMac用動画コンプレッサーを利用すべき理由:

  • このClipchampの動画コンプレッサーは画質を一切損なう事なく全ての動画ファイルを圧縮する事ができます。

  • このツールは非常に安全です:ブラウザ内で機能するので、ファイルが外部に送信される事はありません。

  • 無制限プランでなら、ものの数秒で好きなだけ動画を圧縮する事ができます。無料バージョンでは圧縮できる動画の数は限られていますが、利用回数は毎月更新され、隅に小さなウォーターマークが付きます。

  • また、このClipchampの動画コンプレッサーにはトリミングや、クロップ、そして調整などの基本的な編集ツールも付属しています。

  • バッチアップロードによって1度に複数の動画を処理する事ができます。

動画ファイルの圧縮を始める準備はできていますか?こちらではClipchampを用いてMac用に動画を圧縮する方法に関する段階的なガイドをご紹介します。

1.Clipchamp.comにアクセスしてください

ブラウザを開き、clipchamp.comにアクセスしたらGoogleや、Facebook、もしくはイーメールおよびパスワードでログインしてください。

2.圧縮したいファイルを選択してください

圧縮したい動画ファイルをボックスの中にドラッグ&ドロップしてください。また、クリックしてファイルをブラウズする事でファイルを選択する事もできます。

compress-videos-online

3.圧縮の設定を選択しましょう

設定の選択がまだ済んでいない場合は、フォーマットをMP4に変換しておけばMacで最も良く再生されます。解像度は維持するか、1080pもしくは720pに変更する事ができます(ヒント:ファイルサイズが大きくなってしまうので、元の解像度よりも大きくしないようにしましょう)。画質は中程度にしておきましょう。

compress-video-mp4

4.簡単な編集をしましょう

ここでは簡単に動画をトリミングしたり、異なる寸法にクロップしたり、色調を調整したり、回転/反転を行ったりできます。失敗してしまってもXをクリックすれば変更を削除できます。更なる編集機能を求めている場合は、Clipchamp Createの動画エディターならフィルターや、タイトル、音楽などをご利用いただけます。

compress-edit-video-mac

5.待機中にソーシャルメディアに動画をアップロードしましょう

開始を押せば圧縮がスタートします。処理にかかる時間は元の動画の長さによって異なります。

待機中には、YouTubeやGoogle Driveへのアップロードをスケジュールする事をお勧めします。圧縮が完了すると自動的に投稿されます。下の通知ボタンをクリックしておけば圧縮が完了した際に通知がなされます。

mac-video-compressor

6.Macに動画を保存しましょう

動画の圧縮が完了したら、その動画ファイルをMacにダウンロードするために保存をクリックしましょう。

More from the Clipchamp blog

Start creating video with Clipchamp Create for free.