動画マーケティングが重要かどうかをインターネットで調べてみれば、大多数が「イエス」と答えているはずです。今となっては;オンラインにおける動画の力の成長によって全ての疑念は払拭されています。

video-marketing-campaign

殆どのマーケターたちは理解しています。Wyzowlが2019年に発表した動画マーケティングに関する統計調査では、マーケティングに動画を用いている企業の数が2017年の63%から2019年には87%に大きく増加した事が示されました。この数字は更に増加を続けています。 

この飽和した環境で、いかにして競争を勝ち抜いていける動画を作る事ができるでしょう?手短に答えるなら:包括的なマーケティング戦略を備えた、動画マーケティングキャンペーンという-2つの要素を備えた非常に具体的な計画を指針にする必要があるでしょう。

全体として、マーケティング戦略では全ての基本をカバーして、様々な段階で数多くのキャンペーンや戦術を実行する必要があります。あなたの戦略がトラフィックを増加させるためのものなら、オンラインのマーケティングチャンネルを中心にして構築されたいくつものキャンペーン(ソーシャルメディアや、イーメール、コンテンツマーケティングなどのキャンペーン)を実行したほうがいいでしょう。

この記事では、動画の媒体と全体としての戦略に一致した動画マーケティングキャンペーンを計画できる方法についてご紹介します。読み進めながら計画の草稿を作成できるように重要なポイントを質問の形で紹介していきます: 

  1. 動画マーケティングで達成したい事とは?
    • 意識付け
    • 検討段階
    • アクション
  2. ターゲットはどんな層で、彼らはどのチャンネルを利用しているか?
    • YouTube
    • ソーシャルメディア
    • ウェブサイト
    • イーメール
  3. あなたの動画に必要な見た目とは?
    • 解説動画
    • 製品デモ
    • 利用者の声
  4. 検討すべき計画実施上の詳細は?
    • チーム
    • 設備
    • タイムライン
  5. 動画マーケティングキャンペーンの成功を測定するための方法は?

1.動画マーケティングで達成したい事とは?

動画マーケティングキャンペーンでは、ブランドの好感度や、新製品の発表、またはセールの販促など沢山の事ができます。一般的に、こういった目標は意識付けや、検討段階、そしてアクションという3つの分野のいずれかに分類する事ができます。あなたのキャンペーンはそのうちの1つに属するかもしれませんし、全てをカバーする多目的なキャンペーンになるかもしれません:

・意識付け

動画はアイディアや、メッセージ、そして感情を素早く伝える事ができるので、強力な意識付けのツールだと考えられています。中心となる製品やサービスが一般に認知されていない新しい企業には動画は不可欠でしょう。例えば、開業したばかりの動物救護シェルターがそのサイトに紹介動画を埋め込めば、コンバージョンを改善できるだけでなく、様々なチャンネルで異なる目的のために利用される事になるかもしれません。

シンプルな意識付け動画を作成する感覚を掴むために、Clipchampのオンラインの動画テンプレートで、この動物救護の動画を編集してみましょう。

このテンプレートを利用する

・検討段階

検討段階とは、製品が既に認知されていても、その想起にはまだ改善の余地があり、視聴者が決めかねている状態です。検討段階がキャンペーンの目的なら、1つのアイディアはバンパー広告もしくは6秒動画です。Googleの定義によれば、バンパー広告とは「既存のキャンペーンの範囲を広げ、より広範なメッセージを補完できるもの」です。本質的に、検討段階におけるマーケティングは、目的を達成するための手段です。こちらは映画「Sing」の楽しい一例です。

・アクション

動画はかつては意識付けを広げるために受動的に使用されていましたが、ますます実際のアクションを促すためために使用されるようになってきました。リンクを伴った行動喚起を説明文のセクションに追加したり、動画自体にボタンとして配置したりする事もできます。こうする事で視聴者に購入やサインアップなどの重要な行動を促す事ができます-こういった行動は多くのキャンペーンにおいては成功の最も信頼できる指標となります。

2.ターゲットはどんな層で、彼らはどのチャンネルを利用しているか?

前の項目では、全てのサブヘッドラインで「視聴者」という言葉を使いました。目標と並んで視聴者はあなたのキャンペーンを形成する重要な枠組みの1つです。問うべき2つの質問は:ターゲットとする視聴者に響く動画コンテンツの種類とはなにか?と、彼らが頻繁に利用するチャンネルはどこか?です。この2つの要素が交わらないなら、検索で見つかっても退屈な動画になるか、非常に共感できても見つける事が不可能な動画になるかのいずれかでしょう。この2つの要素を適切に組み合わせるために、ここではオンライン動画で一番有名なチャンネルをご紹介します:

・YouTube

YouTubeはGoogleが所有しているサイトですが、この動画共有サイトには独自の検索エンジンが搭載されています。10人中7人がYouTubeにアクセスして、ソリューションを検索したり、新たな知識を獲得したりしています。解説動画は、自己管理学習が流行っているのでオンラインで最も人気のある動画のタイプとなっています。あなたの製品やサービスが仕事や、学習、または趣味で一般的にある問題を解決するようなものなら、YouTubeが動画を投稿すべきサイトかもしれません。

このプラットホームでは広告にも投資する価値があるでしょう。Googleの広告のビューアビリティの状態に関するレポートによると、YouTubeの広告は95%が視聴可能だったとされています。このデータを活用するには、広告主は個々人を検索語句に従った広告に結びつけるようなターゲットを絞ったダイレクトレスポンス動画キャンペーンを利用しています。

・ソーシャルメディア

YouTube用の動画を持っているなら、ソーシャルメディアに適した形に再度フォーマットしてアップロードする事を検討しましょう。こういったプラットホーム同士が競争関係にあり、その動画の要件が異なっている事を憶えておきましょう。ですが、ソーシャルメディアに対して動画を最適化する上で本当に重要な事は、ターゲットとする層をしっかり定義する事です。こういったプラットホームにはアクティブなユーザーが非常に多くいるので、かなり詳細にセグメンテーションする事が必要です。また、マーケティング動画は短くモバイルフレンドリーである必要があります。なぜなら、視聴者は動画の長さが15秒以内で、最初の3秒が最も説得力のある部分となっていなければ最後まで見ない傾向にあるからです。

初心者には、Facebook広告を数分で作成する方法が優れた参考となるでしょう。

・ウェブサイト

どんなビジネスでもオンラインに不動産を持つべきなのです。導入でも述べたように ランディングページに動画を持つ事でコンバージョンレートが80%も向上します。動画は(視聴者が余り努力しなくてもいいので)メッセージを伝える上で便利な方法なだけではなく、ユーザーをサイトに留まらせておく上でも素晴らしい方法なのです。

あなたのウェブサイトでも、クリエイティブにコピーを使って、この可愛い広告ヒーローのテンプレートを試してみましょう!

このテンプレートを利用する

・イーメール

既に素晴らしいイーメールキャンペーンを実施していますか?それに動画を組み込んで、件名に「動画」という言葉を含めるだけでイーメールの開封率が向上します。行動喚起と組み合わせれば、知らず知らずのうちに大量のコンバージョンを獲得できるかもしれません。

次の質問に移る前に、YouTubeに投稿する動画に関する優れたSEOの応用を表すインフォグラフィックを以下でご覧ください。タイトルや説明文にキーワードがあったほうがいいなど-Facebookでも多くの原則が同じように当てはまります。機能的な行動喚起と魅力的なサムネイルも両方のプラットホームで役立ちます。タグにも気を配り-どのキーワードが実際にコンバージョンに繋がるのか様々なものをテストし続けましょう。

3.あなたの動画のあるべき見た目とは?

現在は人々が消費したいものを能動的に選択する時代です。また、アルゴリズムによって検索者が過去に閲覧した好みに応じたコンテンツを見つける事ができるようになっています。

ですから、キャンペーンの計画が始まる前ですら、あなたのブランドのターゲット視聴者の性質が全体としてのマーケティング戦略の中で大きな部分を占めているべきなのです。ブランドのメッセージや雰囲気は視聴者の性質と一致している必要があるだけでなく、公開する全てのコンテンツも製品を覚えてもらう上で一貫性のある見た目をしている必要があります。

ターゲット視聴者の事を再定義できれば、動画のブランディングはClipchampのようなオンラインエディターを使えば簡単にできます。あなたのブランディングの補助として以下のような最も視聴されている「ジャンル」を利用すれば視聴者の視界にあなたのブランドを配置する事ができるでしょう。

・解説動画

視聴者は動画を通じて学習する事を好むので、解説動画は最も選ばれるジャンルです。名前からも分かる通り、このタイプの動画は、あるコンセプトが当てはまる状況の中での大まかな例を提供しながら、そのコンセプトの仕組みを説明します。現在のトレンドはアニメーション調の解説動画ですが、方法はそれだけではありません。以下のようなハウツー会話のような記録やクリップのギャラリーでも構いません。Clipchampのオンラインエディターを使ってテンプレートに自分のクリップを追加してみましょう

このテンプレートを利用する

・製品デモ

製品デモとは、製品を際立たせ、その独自の価値を紹介するためのものです。そういった動画がいかにユーザーの痒い所に手が届き、問題を解決できるかという事も重要です。こちらはGoogle Home Hubの製品デモです-様々な状況における能力を紹介する前に製品の特長を手短に説明している所にご注目ください。

・利用者の声

顧客は他の顧客の事を信頼しています。利用者の声は視聴者が一般的に共感できる肯定的なフィードバックを生み出します。Alloyの共同創設者のTommy NicholasがCodeacademyで学んだ事によって、いかに自分のキャリアを一変させたかについて、この短いながらも啓発的な例 をご覧ください。

4.検討すべき計画実施上の詳細は?

第1に:予算はどれくらいですか?どんなに素晴らしいマーケティングキャンペーンでも予算に合ったものでなければ実現する事はありません。予算に制限が無いのでもなければ、様々な検討事項は厳密に予算内に収まる必要があります。

・チーム

チームの規模がそういった検討事項の1つです。映像作家のほかにも、脚本家や、デザイナー、プロジェクトマネージャー、そしてアシスタントなどが必要になるかもしれません。インフルエンサーすら必要になるかもしれません。費用と他の全てについてアカウントマネージャーが相談できる代理店と契約するのも選択肢の1つです。

・設備

代理店は必要な設備を含めた全てを用意する上でも役立つでしょう。そうでなければ、あなたのチームがビデオカメラや、場所、セットの小道具、そして他のツールなどを購入するかレンタルするかを決める必要があるでしょう。キャンペーンを実行する上で重要な器具は他に何があるでしょう?

・タイムライン

最後に、タイムラインが現実的なものかどうかを確かめましょう。締め切りがギリギリなら、大きな予算を割いて多人数を雇って作業を早く進める必要があるでしょう。時間が長くあるなら、資金を調達できる時間も長くなります。リソースの利用状況も検討すべき要素です。動画をリリースしたい時期を仮に設定してスケジュールの草稿を作り、そこから逆算して個々の部分を当てはめていきましょう。

この3つの事柄が全てギリギリなら、必要なものは無料の動画メーカーかもしれません。内蔵の動画ライブラリーと美しい動画テンプレートが揃った簡単な動画エディターをお探しなら、Clipchamp Createを是非お試しください。

5.動画マーケティングキャンペーンの成功を測定するための方法は?

そしてこの記事の最初の質問に戻る事になります:動画マーケティングで達成したい事とは?意識付けや、検討段階、そしてアクションに関して生み出される数字も重要な成功の指標です。以下の表を参考にして、その数字が目標に合致しているか見てみましょう。

measure-of-your-marketing-campaign

マーケティングキャンペーンの成功を測るための普遍的な指標はありません-それは自分が設定した目標に数字が到達しているどうかにかかっています。時間と共キャンペーンを改善していくには、マーケティング実験にトライし、結果に応じて戦術的アプローチの出来を測りましょう。