動画編集

素晴らしい見た目を実現するシンプルな照明

create better videos

**** 最終更新日:2020年5月19日 ****

この記事ではシンプルの照明テクニックをご紹介します。具体的には、3点照明の方法をご紹介します。この方法は最も基本的な照明の構成方法です。この方法を利用する事によって、被写体とカメラに十分な露出を与える光量を提供できます。

スマートフォンのカメラは非常に強力です。写真家たちの中には専門的なデジタル一眼レフカメラよりも優れた動画を撮影できるとまで言う人々もいます。ですが、利用する機器が何であっても、撮影中に最も重要な事は間違いなく照明です。

シンプルな照明とは?

この記事の読者の皆様が全員専門家ではないはずです。恐らく、大量の時間や機材を使わずに優れた見た目の動画を作りたいと思っているでしょう。優れた見た目の動画を作る上で最もシンプルな方法は、出来る限り優れた照明を利用する事です。この記事では利用できる照明を最大限活用する方法をご紹介します。

どのような照明を使うべきか?

私たちが発見した最も安価で最もシンプルな照明のセットアップは、NeewerのLEDカメラとAmazonで入手できる3つの安価な7フィートのライトスタンドで構成されたものです。これら照明は単3電池で稼働するだけでなく、大きさ的にも非常に強力です。直接的な電源を必要とせず、熱くなる事も無く、各々のライトの費用も低く抑えられています。各々のライトには様々な色温度で利用できるようにいくつかのフィルターが付属しています。

こういった照明の最も優れている点は、SonyやPanasonicのリチウムイオン電池で利用できるという点で、元々十分に強力な照明を更に明るくする事ができます。唯一の欠点は、より専門的な照明に比べて少々脆く感じられる事です。とは言え、強力でコンパクトな照明を必要としているなら、これらが利用できる最高の照明です。

更に安価なものを求めているなら、スタンド型の照明を利用する事ができます。各々の電球の間で色温度をマッチさせ、ディフュージョン素材を用意しておくようにしましょう。その目的は、出来る限りソフトな照明にする事です。

ソフトな照明が重要な理由とは?

ソフトな照明は、劇的な影を作り出すことなく被写体を照らす事ができるので望ましい照明です。被写体の人物の顔に多くの影があると印象が悪くなったり大げさになったりする可能性があります。深い影はホラー映画には適しているかもしれませんが、ここで作成しようとしている動画には適していません。ソフトな照明を作り出す方法には以下のようないくつかの方法があります:

  • 照明の前にいくつかのディフュージョン素材を配置する。実際のディフュージョンペーパーを用いるのがベストですが、白くて不透明な素材であれば何でも用いる事ができます(クッキングシートを使う人もいます!)。

  • レフ版などの白い素材で照明を反射する(白いボール紙と発泡スチロールを反射板として利用する事ができます)。

プロの撮影監督ですら利用している一般的な小技として、強力な光源を白い提灯の中に配置するという方法があります。ここまでする必要はありませんが、照明が直接的だったり強すぎたりせず、被写体が均等に照らされるようにしましょう。

3点照明

これで照明が揃い、色温度が似ていて、光がソフトな事が確認できました。この記事の要点は:動画のためのシンプルな照明は自分の目的に合わせて微調整や修正ができるという事です。3点照明は、主な光源であるキーライトと、キーライトによって生み出される影を埋めるフィルライト、そして被写体を背景から浮き立たせるバックライトによって構成されます。この照明は以下のような見た目になります: 

インタビューを行う場合は、キーライトがカメラの側面にあり、カメラに出来る近い位置に配置されるようにしましょう。フィルライトはキーライトの反対側に配置し、キーライトによって発生する影を埋めましょう。更にクリエイティブで映画のような見た目にしたいなら、フィルライトをキーライトよりも少々暗めにしてみましょう。

一切影を発生させたくない場合は、キーライトとフィルライトを同じ設定にしましょう。バックライトはソフトにする必要はありません。これは強くなり過ぎても特に心配ありません。バックライトの目的は、被写体が背景から際立たせる事で、特に背景が暗かったり被写体の髪の毛や衣服の色が暗かったりする場合にそういった役割があります。

照明の配置方法

照明を配置する際は、被写体をよりも少々高い位置に配置するようにしましょう。被写体に怪談をさせるのでもなければ、下から照明を当てるのはやめておきましょう。Universal Picturesは、異常さを演出できる事から、Boris Karloffがフランケンシュタインの怪物を演じるときに、このような照明を利用しました。

被写体の人物がメガネをかけている場合、反射を避けるために出来る事がいくつかあります。そのメガネにUVコーティングがなされていない場合は、照明の位置を高くしたり更に横方法に移動させたりしてみましょう。メガネを鼻まで下げればレンズのアングルを下げる事によって役立ちます。こういった小技をうまく組み合わせればメガネによって引き起こされる反射を和らげる事ができます。

3点照明を用いる理由は、視聴者の注意を被写体に引き付ける事ができるからです。また、スマートフォンを用いて撮影をしている場合、光量を更に増加させる事によって撮影をより簡単にする事ができます。

シンプルな照明、カメラ、アクション!

ここまででシンプルな照明方法をご理解いただけたと思うので、動画を作成してみましょう。利用すべきカメラ音声の記録方法などの撮影のためのヒントや他の要素を探しているなら、これらのリンクを利用してみてください。また、当社の動画とオーディオのストックライブラリからコンテンツを追加する事によって動画を更に豊かなものにする事もできます。動画制作をお楽しみください!

Clipchamp Createで動画の作成を無料で開始しましょう