動画制作のヒント

YouTubeで楽曲を使用する許可を得る方法

更新日: 2022年8月13日
Clipchampは無料のオンライン動画エディターです無料で試す
この投稿を共有
YouTubeの動画を指差して音楽を聴いている女性

YouTubeで楽曲を使用する許可を得るにはどうしたらいいのでしょう?アップビートなイントロジングルやスローなスライドショー動画の音楽など、YouTube動画に音楽を追加すると動画をランクアップさせることができますが、お気に入りの曲をどれでもYouTube動画で無料で使用できるわけではありません。

以下では、YouTube動画で楽曲を使用する許可を得る方法と、代替で使える著作権フリー音楽を探す方法について説明しています。

著作権保護された動画をYouTubeにアップロードするとどうなりますか?

著作権保護された音楽のアップロードに関するYouTubeの著作権規則は厳格で、著作権保護された音楽や動画をアップロードすると、大きな問題になることがあります。深刻な場合には、著作権保護された動画をアカウントから削除するようYouTubeから請求されることもあります。

法的な問題の発生を避けるには、許可を得ることが必要です。YouTubeの著作権規則や適切な音楽ライセンスの規定に従わずにYouTubeコンテンツをアップロードすると、次のような結果となる可能性もあります。

  • 動画をミュートにされる

  • 広告が動画全体に配置され、収益化の機会を奪われる

  • YouTubeから動画が削除される

  • YouTubeチャンネルへのペナルティ

  • 著作権保護された音楽の所有者が広告収入全額を獲得する

  • 視聴者追跡統計の信頼度が低下する

  • 複数回の違反があった場合、チャンネルが永久閉鎖される可能性もある

YouTubeで楽曲が著作権保護されているかどうかを確認する方法は?

YouTube動画のオーディオや楽曲に「著作権フリー」と記載されていない場合、その音楽は著作権で保護されていると考えて間違いありません。対象の楽曲が著作権で保護されているかいないかを確認する方法がわからない場合は、以下の2つの手順に従って音楽ライセンスを確認できます。

1. YouTubeで動画の説明を確認する

著作権保護されている楽曲を見分けるには、YouTube動画の説明ボックスを確認するのが最も手軽です。通常、YouTubeの音楽ダウンロードでは、音声が無料で使用できるかどうかが説明ボックスに表示されます。アーティストの詳細が表示されるか、説明に「著作権フリー」または「著作権なしの無料」の音楽として表示されます。

2. YouTube動画を非公開または限定公開としてアップロードする

YouTube動画に追加した音楽がYouTubeの著作権規則に準拠しているかどうかわからない場合は、まず動画を非公開または限定公開としてアップロードしてみましょう。音楽のライセンスに制限があるかどうかは、YouTubeのコンテンツIDで確認できます。楽曲が著作権保護されている場合は、画面に警告が表示されます。

著作権に関するエラーメッセージとして、「この動画は著作権侵害の申し立てにより利用できなくなりました」「あなたの動画はまだYouTubeで公開されていますが、一部の国では利用できない可能性があります」などと表示されることがあります。

著作権保護された曲の使用許可を得るにはどうすればよいですか?

音楽ライセンスの取得は、コンテンツ制作者にとって長いプロセスとなる場合があります。時間と調査の手間をできるだけ節約できるよう、以下ではYouTubeで著作権保護された音楽をクリエイターが合法的に使用する方法を紹介しています。

ステップ1 .著作権所有者を探す

まず、使用した、または使用したい音楽の所有者を特定し、その所有者に直接連絡します。

著作権で保護された有名なミュージシャンの曲を使用する許可を得るにはどうすればよいのでしょうか。不可能にも思えますが、幸い、どんなに有名な音楽出版社でも、問い合わせを支援してくれるさまざまな組織があります。

米国、オーストラリア、英国のコンテンツクリエーターには、以下の音楽ライセンス会社をおすすめします。

  • SESACASCAPBMI(米国のユーザー)

  • APRA AMCOS(オーストラリアのユーザー)

  • PRS(英国のユーザー)- 多くの流行曲の音楽ライセンスを提供

ステップ2. 許可契約について話し合う

オーディオトラックの所有者を見つけて連絡したら、次に所有者と許可契約を交渉します。著作権以外の許可契約には、以下の内容を含める必要があります。

  • あなた自身とあなたのYouTubeチャンネルについての情報

  • メディアの用途(テレビまたはYouTube)

  • 曲のタイトル

  • 曲の長さ

  • 曲をどのくらいの期間保存したいか

  • 予想される閲覧件数の概略

  • ライセンスの目的(営利または非営利)

ステップ3. 書面による許可契約を作成する

許可契約について議論し、承認されたら、許可契約書を文書化する必要があります。楽曲所有者との口頭による合意は、書面による合意よりも有効性が劣るため、避けましょう。許可契約が文書化されていないと、誤解が生じて将来的に紛争につながる可能性があります。

許可を得るにはどれくらい費用がかかりますか?

YouTubeで著作権保護された音楽を使用するコンテンツクリエイターは、承認を得るために料金を支払う必要がある場合があります。音楽ライセンスの費用は、アーティストの知名度、アーティストが小規模の独立したミュージシャンであるかどうかによって大きく異なります。小規模なクリエイターであれば支払いが100ドル未満で済むこともありますが、有名なアーティストの場合、数千ドルの費用がかかる場合もあります。

音楽ライセンスによっては、問題が発生する可能性もあります。音楽ライセンス会社と元の楽曲のアーティストがYouTubeクリエイターに動画の収益の一部を請求したり、支払方法の代わりとして請求することもあります。

音楽のライセンスを購入するときは、必ず利用規約全文を読み、契約について不明な点がある場合は支払いを避け、音楽の価格に見合う価値があるかどうかを判断してください。YouTubeで音楽を購入するよりも、アクセスしやすく安価な選択肢は常にあります。音楽ライセンスに代わる方法について詳しく知りたい方は、以下を参照してください。

著作権保護された音楽の代わりに使える代替案

音楽ライセンスの使用料金が予算に収まらなかったり、時間がかかりすぎたりする場合は、YouTubeの著作権規則を順守しつつ、著作権保護された音楽の代わりにYouTubeで使える4つの代替案を使ってみましょう。これらはロイヤリティフリーのオプションのため、クリエイターはロイヤリティを支払うことなく音楽やオーディオファイルを使用できるようになります。著作権保護されていない音楽使用の代替案には以下のようなものがあります。

1. YouTubeのロイヤリティフリーの音楽

YouTubeでは無数の音楽が公開されており、著作権使用料無料の音楽カテゴリーも数千点あります。YouTubeには、ロック、ポップ、瞑想、BGM、ヒップホップ、ダンスパーティー向けのトラックなど、著作権保護されていない無料のあらゆる音楽が揃っています。YouTubeのオーディオライブラリから音楽を探したり、既存のYouTube動画から直接ロイヤリティフリーの楽曲を保存することができます。

無料の音楽トラックを見つけたら、無料で使用できることを再確認してYouTubeから直接ダウンロードします。YouTubeから音楽をダウンロードする方法がわからない場合は、クリエイター向けのClipchampのステップ別ガイドを参照しましょう。

2. Clipchampの著作権保護されていない無料の音楽ライブラリ

ClipchampのYouTube向けロイヤリティフリーの楽曲を使えば、楽曲のライセンス不要で魅力的な動画を作成できます。YouTuberは、スポーツ、ボーカル、イントロとアウトロ、チル、ハッピー、アップビート、プロモーションミュージック、映画の予告編ミュージックなど、数千のカテゴリーからストックサウンドエフェクトとミュージッククリップを動画に追加できます。Clipchampの無料オンライン動画エディターからYouTubeに直接動画を公開することも可能です。

Clipchamp’s free non-copyrighted music library

3. ロイヤリティフリーの音楽プラットフォーム

著作権保護されていない無料の音楽トラックをお探しですか?無料・有料の外部ウェブサイトでは、コンテンツクリエイターが使える有名な曲のリミックスを提供しています。SoundCloudPremium Beatなどのサイトが人気です。

4. TikTokでライセンス付与されたトレンドの楽曲を使用する

作成したYouTube動画に関して毎回著作権侵害の警告を受けている場合は、制作する動画コンテンツにとってYouTubeが適切なプラットフォームかどうかを検討すべきです。TikTokなどのソーシャルメディアアプリは、アプリによって完全にライセンス付与されたトレンドのサウンドで大盛況です。ポップな曲や流行のサウンドを使った動画を作りたい場合は、YouTubeではなくTikTokでコンテンツを共有することを検討してみましょう。

著作権保護された音楽をYouTubeで合法的に使用する準備はできましたか?

Clipchampのオンライン動画エディターで、著作権保護されていない無料の音楽を使ってYouTube用の動画制作を始めましょう。

Clipchampブログの他の記事

魅力的なYouTubeチャンネルの予告編を作成する方法

2021年10月8日
映画の予告編は誰でも好きなものです。短いだけに、もっと見たいという気持ちが掻き立てられます。YouTubeチャンネルに 予告編 を作成すべき理由もここにあります。…

動画キャンペーンの摘要書の書き方(事例付き)

2020年11月4日
ブランドのために動画を作成する事は、今までに無いほどシンプルになっています。ボタンをタップするだけでソーシャルメディアでストリーミングのQ&Aセッションや舞台裏の動画などをフォロワーたちと共有する事が出来ます。ですが、全ての動画プロジェクトを簡単に実施できるわけではありません。依然として企業からは他のコンテンツと共にプ…

Zoomで動画の背景を使用する方法

2020年8月5日
Zoomは2020年3月まで、主に企業の従業員が オンラインミーティング で使用しているほぼ無名のビデオカンファレンスアプリでした。現在、新型コロナウイルス感染症により他人との接触が制限される中で、このアプリはほぼ全ての人々の生活の一部になりました。…

Clipchamp を使用して、動画を無料で作成しましょう

It looks like your preferred language is English