動画編集

オンラインで動画をスピードアップまたはスローダウンさせる方法

Clipchampは無料のオンライン動画エディターです無料で試す
この投稿を共有

**** 2020年5月27日更新 ****

動画を遅くしたり、スピードアップしたりする機能は、感情、アイデア、アクションなどを伝える強力な方法です。いつでも当社の無料のオンライン動画速度コントローラーに頼ることができます。

映画マトリックスのネオが弾丸を避けるアクションを想像してみてください。あの場面ではスローモーションがスピードと優雅さを強調するために利用されています。もしくはミステリードラマのユージュアル・サスペクツで登場人物のショック状態を伝えるためにコーヒーカップがスローモーションで粉々になる様を想像してみてください。

Blog post image: SociableDeafeningJunco-size_restricted.gif

ファストモーションも同じように多才で、映画リミットレスでの超人的な知性から三ばか大将の馬鹿馬鹿しいコメディまで何でも伝える事ができます。

Blog post image: 8b0602853265eb76107f475ef713e478.gif

そして、ドニー・ダーコでのシンプルなスクールバスから教室までの素晴らしいシーンもあります。このシーンでは、スローモーションとファストモーションを滑らかに融合させる事によって、ワンカットで登場人物たちの世界と人間関係が理解できるようになっています。

それでは、どうすれば高価な機材やソフトウェアを用いる事なく動画のスピードを上げたり下げたりできるでしょう?そこでClipchamp Createを登場です!

Clipchampを用いた動画の再生スピードの変更

当社の無料オンライン動画エディターで、動画にスローモーション効果を追加したり、スピードアップさせるといった一連の編集テクニックをあなたの手元にお届けします。強力な機能性を提供するにもかかわらず、Create の使用は簡単で、動画編集の経験がまったくなくても大丈夫です。

また、サーバーにメディアファイルをアップロードする事なく全てブラウザ内で機能するので、時間のかかるアップロードを待つ必要なくオンラインで素早く動画を編集する事ができます。

メールや SNS のアカウントを使って無料でサインアップし、以下のステップに従うだけで、動画のスピードアップやスローダウンを Clipchamp で実行できます。

ステップ1.新しい編集プロジェクトの開始

登録が完了したら、概要ページにある「動画を作成」をクリックして開始してください:

Step 2. Create a new project

あなたの動画に最も適したアスペクト比を選択してください。例えば、Instagramの動画なら1:1で、殆どのYouTubeの動画には16:9が適しています。

ブラウザ上の 動画 エディター

ご利用は永遠に無料。プロフェッショナルな動画を数分で作成しましょう。

ステップ2.動画ファイルの追加

プロジェクトを開始したら、次のステップはメディアアセットを追加する事です。動画や、画像、音声のファイルはご利用のコンピューターから直接的にインポートする事ができます。「メディアの追加」ボタンをクリックするだけです:

また、Clipchamp の豊富なストックライブラリを利用すると、10万点を超えるプロフェッショナルな動画と音声ファイルからお選びいただけます。

ステップ3.クリップのスピードアップまたはスローダウン

修正したい動画ファイルを追加したら、そのファイルを以下のようにタイムラインにドラッグしてください:

その後、このファイルをクリックしてハイライトすると、編集オプションを伴うウィンドウが表示されます。変換のタブの下には、「クリップスピード」のオプションがあります–そこからドロップダウンメニューを使ってファストモーションまたはスローモーションを選択してください。

動画のスピードは2倍、4倍、8倍、または16倍に加速させる事ができます:

もしくは2分1、4分の1、または10分の1に減速させる事ができます:

ステップ4.更に正確な変更方法

もちろん、動画を使って更にクリエイティブな事をしたいと思っているかもしれません–重要な瞬間にスローモーションにたり、通常のスピードと、スローモーション、そして高速のシーンを組み合わせたりしたいかもしれません。ここではそいった事をする方法をご紹介します–この例では、動画の一部をスローモーションにしながら、他の部分のスピードは通常通りにします。 

まず、動画のスピードを上げたり下げたりしたい場所を決める必要があります。例えば、BMXジャンプのクリップでは、「主人公」がジャンプを決める動画の最初の部分をスローモーションにしますが、着地してからは通常のスピードのままにします。

そういったスピード変更をするには、以下のように「スプリット」ツールを使う必要があります:

必要な事は、以下のように適切な場所にスクラバーをドラッグし、ハサミのアイコンをクリックして動画を2つに分割したら、クリップの前半を選択してスピードを減少させるだけです:

そして、こちらがClipchampを使って数回クリックするだけで完成させた動画です:

クリップの他のスニペットのスピードを選択的に上げたり下げたりしたい場合でも、上記のステップを同じように繰り返すだけです。

編集が完了したら、Createの画面の右上にある「エクスポート」をクリックし、追加した効果と調整が全て含まれた新しい動画をダウンロードしましょう:

export the finished video

以上がオンラインで動画に再生スピード効果を追加するための簡単な方法です:-)

ボーナスヒント:動画プロジェクト用のアイデアやインスピレーション、素晴らしいコンテンツをお探しの場合は、Create の豊富なテーマテンプレートをご利用いただけます。例えば、以下のeコマースでのウィンターセール用テンプレートでは、スローモーションを戦略的に活用しています。

Clipchampブログの他の記事

編集中のプロジェクトにストック動画を追加する方法

July 8, 2021
現在、動画は、ブランド、クリエイター、視聴者の間で話題になっている人気のオンラインコミュニケーションの選択肢です。ストック映像を利用すれば、自分で撮影する手間をかけずに、素早く、簡単に、費用対効果の高い方法で素晴らしい動画を作成できます。また、自分で撮影した映像に何か物足りなさを感じた場合、ストック映像を使って足りない…

Cloud Syncのご紹介

June 20, 2021
ブラウザ上のアプリケーションにおいて、クラウドストレージが新たな標準になりつつあるため、Clipchampでもクラウドを使用することになりました。メディアをバックアップするための新機能「Cloud…

動画コンプレッサーを使ってSignalアプリで容量の大きな動画を送信する方法

March 28, 2021
Signalアプリで動画の送信ができるか、送信する動画の録画ができるか、Signalに動画のサイズ制限はあるか、Signalで動画を送信できない理由はなぜかなど、Signalメッセージングアプリでの動画送信についてマスターできていないユーザーが多いのが現状です。もしあなたが適切な使い方を知らないまま、WhatsAppか…

Clipchamp を使用して、動画を無料で作成しましょう