動画編集

Cloud Syncのご紹介

Clipchampは無料のオンライン動画エディターです無料で試す
この投稿を共有
Introducing Cloud Sync

ブラウザ上のアプリケーションにおいて、クラウドストレージが新たな標準になりつつあるため、Clipchampでもクラウドを使用することになりました。メディアをバックアップするための新機能「Cloud Sync」を使用すれば、Clipchampの動画プロジェクトでファイルの再リンクや喪失を心配する必要なく、複数のデバイス間で柔軟に作業できます。

Cloud SyncはPremium Clipchampをご利用のお客様にご利用いただけます。

Clipchamp CreateでCloud Syncを使用する方法

1. Cloud Syncを有効にする

Clipchamp Createで動画プロジェクトに取り組んでいる方は、Cloud Syncをお試しいただくためのプロンプトを見かけたことがあるかもしれません。以下のメッセージが表示されたら、Cloud Syncを有効にしてみましょう。プロンプトが表示されない場合は、画面左上の動画プロジェクトのタイトルの横に表示されるCloud Syncアイコンをクリックしてください。

Cloud Syncはプロジェクトごとに有効化されます。つまり、ビジネスデータなどの機密資料を扱う際に、プライバシーを保護するため、すべてのプロジェクトメディアをバックアップしないことを選択できるのです。

Enable Cloud Sync

2. クラウドでファイルをバックアップする

では作成を始めましょう。プロジェクトにメディアを追加すると、Cloud Syncによりファイルがクラウドに自動的にバックアップされます。注:中断を避けるため、Cloud Syncが完了するまでプロジェクトを開いたままにしておくことが重要です。

Backup your files in the Cloud

3. 動画の作成を続行する

ファイルが安全に保存されていることが確認できたため、安心して複数のデバイスでの作業をお楽しみいただけます。

Continue creating your video

4. Cloud Syncを無効にする

気が変わった場合は、Cloud Syncアイコンをクリックして表示されるトグルをクリックすることで、Cloud Syncを簡単に無効化できます。クラウドで同期したメディアは、Cloud Syncを無効化した日から5日間を過ぎるとクラウドから削除され、再度有効化することができなくなります。

Disabling Cloud Sync

Clipchampブログの他の記事

Zoomの録画データを編集して見やすくする方法

April 8, 2021
Zoomは、在宅で働く私たち全員にとって、新たな コミュニケーションツール の形となりました。Zoomのビデオカンファレンス技術により、世界中の遠隔地にいる同僚達と社会的につながることができたうえに、…

動画コンプレッサーを使ってSignalアプリで容量の大きな動画を送信する方法

March 28, 2021
Signalアプリで動画の送信ができるか、送信する動画の録画ができるか、Signalに動画のサイズ制限はあるか、Signalで動画を送信できない理由はなぜかなど、Signalメッセージングアプリでの動画送信について詳しくマスターできていないユーザーが多いのが現状です。もしあなたが適切な使い方を知らないまま、WhatsA…

Clipchamp を使用して、動画を無料で作成しましょう