convert-video-youtube

Youtubeに動画をアップロードする事は面倒な作業になる事があります。特定のタイプのファイルしかサポートされておらず、ファイルが適切なフォーマットでないと拒否されたり、公開する前にYoutubeのサーバーでまず変更しなければならなかったり、アップロードのプロセスは少々扱いづらい側面があります。幸いな事に、Clipchampではあなたのチャンネルにアップロードする前にあらゆるファイルフォーマットをYoutubeに互換性のあるものに変換するためのソリューションを提供しています。

1.サポートされているファイルフォーマット

Youtubeは以下のファイルフォーマットしかサポートしていません:

  • .MOV
  • .MPEG4
  • .MP4
  • .AVI
  • .WMV
  • .MPEGPS
  • .FLV
  • 3GPP
  • WebM
  • DNxHR
  • ProRes
  • CineForm
  • HEVC (h265)

あなたの動画がこれら以外のフォーマットである場合には、アップロードする前にYoutubeに互換性のあるフォーマットに変換する必要があります。

ClipchampではYoutubeに互換性のあるフォーマットに動画を変換するためのプリセット・オプションが提供されています。そのためには以下のステップに従ってください:

2.無料アカウントに登録したら「動画変換」を選択してください

動画を変換するためにclipchamp.comへアクセスしてください。アカウントにログインしたら(無料で作成できます)、変換したい動画を以下の枠の中にドラッグ&ドロップするか、コンピューターから動画を選択するために動画変換をクリックしてください。

convert-video-youtube

3.動画の最適化設定の選択

既定の最適化方法はWEB.が選択されています。これでYoutubeや、Facebook、およびVimeoに最も適したファイルフォーマットや、解像度、およびサイズで動画をアップロードする事ができます。Windowsや、モバイル、およびアニメーション用にもここで最適化するためのオプションがあります。

optimize-video-youtube

4.設定のカスタマイズ

あなたの動画の解像度や、フォーマット、および品質を更にカスタマイズできるオプションがあります。画質を犠牲にする事なく素早くアップロードできるように、中程度の画質でMP4フォーマットの範囲内でファイルの解像度を維持する事をお勧めします。

 

convert-video-youtube

5.YouTubeのための動画変換

選択したフォーマットに即座に動画を変換するには、開始を選択してください。

convert-video-youtube

6. Youtubeへのアップロードをキューに入れましょう

変換が完了したら、あなたのYoutubeのアカウントへ動画を自動的にアップロードするためにアップロード&共有を選択してください。ここでタイトルや、説明、および視聴対象を追加する事ができます。変換後にClipchampに動画を公開させるために公開をクリックしてください。これで完了です!あなたの動画は互換性のあるファイルフォーマットであなたのチャンネルに直接アップロードされました。この際のファイルサイズはしばしば小さめになっているので、元ファイルよりもアップロードが迅速です。

 

参考

以前の記事では、YouTubeへのアップロードが非常に遅くなったり、完全に失敗する事がある数多くの理由を紹介しました。アップロードする前に動画を変換すれば多くの場合に助けになります。